前へ
次へ

契約に関する法律で救われます

世の中にはデート商法というものがあり、主に若い人が狙われることが多い昔からの詐欺になります。またアポイントメントセールスの手法となることから、好意的な感情を利用することになるので、様々な愛情や感情で事件になることも少ない事案であります。デートを装って勧誘するのがデート商法のキーポイントになりますが、自分のことに興味を持ってくれているという感情がある以上、なかなか被害に遭っていることを気づくことができません。しかし高額な商品を契約させると、その後連絡が取れなくなるシステムのために、あとの祭りになることも多いです。しかし申し込みをしている人は、解約手続きでもあるクーリングオフができることを法律で知っておくことで対処できます。預かっている書面の記載事項に不備や虚偽記載があるケースでは、8日を過ぎていても法律として効果を発揮することができますので、困っている場合には安心して利用することもできます。

Page Top